FORCE

Work Shift Club

ワーク・シフト部

”ココ”だけ押さえればOK!ネットビジネスの種類について

カズです。

 

インターネットビジネスの
種類についてお話したいと思います。

 

ビジネスモデルの選定
と言っても良いかもしれません。

 

ここをしっかり理解するだけで


変に目移りすることなく、
自分の行うビジネスに集中して
お金稼ぎを始めることが出来ます。

 

逆に知識なしに
ただ上手い儲け話ばかり
探している人は、

 

自分にとってベストな
お金稼ぎをすることが出来ず、
詐欺にあって終わりです。

 

実際に知識不足でビジネス初心者が
何百人と詐欺に遭って来たところを
見て来ました。(泣

 

しっかり覚えておいてください。

 

 

f:id:nefreeks:20180618165915j:plain

 

多様化しすぎている稼ぎ方

 

そもそもネットビジネスの世界を
インターネットで調べて見渡すと


たくさんの稼ぐ方法がありすぎて
結局何をすればいいのか分からない
という人が多いと思います。

 

それもそのはず、


細か〜なネットの稼ぎ方を含めて
探し始めたらおそらく数百以上は
「儲け話」が存在してます。

時代が流れていくにつれて
ドンドン増え続けてもいくので
正直キリがないでしょう。

 

つまり多様化しすぎなんです。

 

そのためネット上のビジネスは一見
複雑な感じもしなくはないですが、


実はそうでもないんだよということを
この記事で理解してくれればと思います。

  

具体的なネットビジネスの種類

 

難しく考える必要はありません。

 

個人で稼ぐネットビジネスは
かなり大まかな区別をすれば
主に3つのジャンル程度に
選別することができます。

 

在宅ワーク
2物販系
3情報系
(4投資系)

 

以上です。

 

詳しく説明していきます。

 

1、在宅ワーク系 

 

f:id:nefreeks:20180619144812j:plain

 

これはネット上で
お金を稼ぐ定番ですが、

 

いわゆる仕事を請け負って
ネットでお仕事するものです。

 

有名なサイトとして

 

クラウドワークス」

crowdworks.jp


「ランサーズ」

www.lancers.jp

 

などが存在しています。

 

イメージは、インターネット上に
派遣会社が落っこちたと思えばOKです。

 

サイトで登録作業を行えば
誰でも仕事を請け負うことが可能。

 

タイピング作業というような雑用から
Webデザインといったスキルの必要な仕事まで
様々なお仕事がオンライン上に落ちてます。

 

こういったサイトで稼ぐのは
素人でも容易なのですが、

 

素人が始めてもお小遣い稼ぎが
関の山だと思います。

 

ある程度専門的なネットのスキルが
あるのでしたらお仕事を沢山出来ますが、

 

そうでなければ
入力作業くらいしか出来ません。

 

雑務系はやはり報酬が低いですから、
バイトと変わらないと思います。

 

しかし、

ネットで稼げることに変わりはないので
試しに稼いでみるのはオススメしますよ。

 

参考にどうぞ。

 

2、物販系

 

f:id:nefreeks:20180619032614j:plain

 

物販系は字のごとく、
有形の「物を扱った」
ビジネス活動のことです。

 

具体的に言えば、

 

オークション出品、せどり、転売
オリジナル商品の物販 etc...

 

です。

 

物販系のメリットは、比較的
素人もお金を稼ぎやすい点です。

 

原則は、商売の本質である
「安く仕入れて高く売る」ですから

 

安い仕入先を手に入れれば
誰でも簡単にできる

 

と思います。

 

自宅の不用品販売や自分で作った
アクセサリーなどの小物を
少し高値で販売して売る、

 

ような方も多い印象です。

 

僕の知り合いには中学生の時に
転売で100万くらい利益を
作ってた人もいます。

 

すごいけど、

 

そうとう根暗だったでしょうね(笑

 

逆にデメリット

 

・在庫リスクがある
・先に仕入れが必要

 

という点です。

 

先に仕入れが必要なので商品を抱えるために
初期投資が必要になる可能性が高いです。

 

それは売れなかったら在庫リスクにもなるので
いきなり仕入れを大量にする素人がいれば
悲惨な未来が待っているでしょう。

 

しかも仕入れをちゃんと出来るように
家で24時間体制でいれる人の方が
おすすめです。

 

逆に社会人の方で忙しい人が
副業で気軽に行うのは難しいと思います。

 

おすすめは、


夫の収入に+5万くらいほしい
専業主婦の人とかですね。

 

案外簡単に理想を達成できると思います。

 

3、情報系

 

 

f:id:nefreeks:20180619033020j:plain

 

次に情報系です。

 

僕自身ここのジャンルをよく扱いますし、
「オススメは何ですか?」と言われれば
この情報系です。

 

ブログでもここのジャンルを
メインに教えていく予定ですので
耳の穴かっぽじって聞いておいてください。

 

まず情報系には主に、

 

アフィリエイト
(他人の商品を扱う)

・情報販売   
(自分の商品を扱う)

 

という2つのジャンルがあります。

 

これは物販系と違って
無形(情報)を扱った商品を売ることで
ビジネスが成り立ってるジャンルです。

 

具体例としては

スピードラーニング」なんかがそうです。

 

あの商品はデータ(音声)であり、
無形ですよね?

 

形のないものも
実は商品になるのです。

 

メリットは

 

とにかくリスクがない

 

という点です。

 

在庫を抱えないし、
初期投資もいらない。


どんなにビジネスをしようがあなたに
降りかかる金銭的リスクがゼロです。

 

時間と場所も全く問わないので
自分の好きなタイミングでパソコンを開いて
副収入源構築をすることが可能です。

 

ビジネス素人さんはとにかく
リスクがない方がいいと思います。


(少なくとも僕はそうでした。)

 

ゼロからお金を稼ぐならまずは
情報系のビジネスがオススメです。

 

コストが少ないにもかかわらず
月に100〜400万稼ぐ個人も
ゴロゴロいますし、

 

会社化してるレベルの人は
億単位の売り上げを作り上げれる
ビジネスモデルです。

 
ただデメリットもあって
情報ビジネスの世界の方が
イメージしづらいという点です。

 

「データ」や「情報」といった
無形のものを扱ったり販売したりするため
慣れていない人はチンプンカンプンの世界です。

 

しかし、素人にとっては
そもそもビジネスという活動自体が
イメージしづらくて難しいと思うので、
(少なくとも僕はそうでした。)

 

あまり気にする必要もないと思います。

 

まとめ

  

インターネットのビジネスも言っても
本当にキリがないほど種類があります。

 

そのため少しずつできる幅を
増やしていけばいいですし、

 

まったく無知からのスタートなら
今回話した3つのジャンルのうち
どこから参入していこうかくらいを
模索する程度でOKです。

 

ただ最も大事なのは、

 

たとえ何をするにしても
インターネット上でビジネスを
本格的に展開していくうえでは

 

セールスコピーライティングDRM
マインドセット、商売の心得 etc...


といった特殊なビジネスノウハウを
本格的に学ぶ必要があるという点です。

 

そうでもしなければどの道、
継続的かつ安定的な収入源を
構築することはほぼ不可能
といってもいいでしょう。

 

逆にこういったビジネス知識を
しっかり身につけていれば、

あなたがどのジャンルに参入したとしても
稼ぐのは大して難しくありません。

 

素人でも数ヶ月後には10万円以上の
キャッシュポイントを生み出すくらい
十分可能なので、まずは「着実に」
理解を深めてしていきましょう。

 

学習意欲さえあれば本当に誰でもOK。

 

必要な学びは、


僕がすべてお伝えします。

 

とにもかくにも、あなたにあった
ベストなビジネスモデルを選んで
商売を展開していきましょう。

 

ではでは。

 

 

追伸:投資はインターネットビジネス?

 

ネットでお金を稼ぐ方法で
投資系というジャンルもあります。

 

FX、株、バイナリーオプション etc...

 

こういったジャンルで
利益を生み出してる人や
副業をしている人もいますが、

 

投資はネットビジネスではありません。

 

・ビジネスは「商品の売買」
・投資は「資産の運用」

 

という形でお金が生まれるので
概念が月とすっぽんくらい違います。

 

そのためあえて
今回の記事には書きませんでした。

 

投資も好きなら
やる価値はありますが
基本はお金の運用なので、

 

素人が軽い気持ちで始めると
ただのギャンブルになりかねません。

 

まずはリスクのないものから
始めることを僕はオススメします。

 

で、余裕な資金が出来たタイミングで
お金を運用していきましょう。