FORCE

WORK SHIFT CLUB

ワークシフト部

「ネットビジネスって難しそう…」

カズです。

「ネットビジネスって
 なんだか難しそう…」


という意見をよく聞きます。
この気持は僕もすごく分かります。


僕自身、ネットビジネスを始める当初は


「パソコンに詳しくない自分が
 はたして本当に初められるのか?」


という不安がありました。


この不安があるだけで
ビジネスに取り組むのに
時間がかかってしまうし、
本腰を入れれない要因になります。

一般的に僕らはYouTubeを見るか
調べ物を軽くするくらいしか
ネットを活用しないので、


ネットビジネスと聞いただけでは
確かに小難しい操作が必要だと
思ってしまいますよね。


今回はこんな悩みを持っている
あなたに向けた内容です。

 

参考にしてみてください。

 

 

高度なパソコン知識は必要ない。


まずはじめに自信を持って
断言したいのですが、


ネットビジネスでお金を稼ぐのに


高度なパソコン知識は
全く必要ありません。


ぶっちゃけローマ字の
タイピングが出来ればOKです。


打つのがゆっくりでも構いません。


大学生が「Word」を使って
授業のレポート書くくらいの
パソコン知識で大丈夫です。


ネット環境さえあれば実行可能です。


プログラミング言語
ネットの高度な知識を用いて
webの仕事をしてる人もいますが、


素人がいきなりそんな土俵に
参入する必要はありません。

 

ネットビジネス業界大御所:和佐大輔

f:id:nefreeks:20180620142541j:plain

 

和佐大輔という人物を
ご存知ですか?

 

彼はネットビジネス業界の
超大御所のひとりなのですが、


12歳のときに事故で首の骨を骨折。
頚椎損傷という障害を負い、

 

「半身不随」

 

という重度の後遺症を
背負うことになります。

 

それでも彼は17歳で起業。

 

わずか1年で年商1億円の規模にまで
ビジネスを成長させてしまいます。

 

現在も業界の第一線を
走り続けている方ですが、


彼は今も身体の7割が麻痺をしているため、
車椅子での生活を余儀なくされてます。

 

そして、驚くべきことに彼は
手が不自由なためネット仕事に欠かせない
タイピングなどのパソコン操作をすべて
口にくわえた割り箸で行っているのです。

 

彼の姿を見てください。

 

ネットビジネスは知識さえあれば
「誰もができる」ということを
その目で確かめることができますよ。

 

彼以上にハンディキャップを
抱えている状態からビジネスを始める人は
そうそういないでしょうからね。

 

youtu.be

 

「難しい」という固定観念をぶち壊せ


そもそも、人が難しいと
思ってることの90%以上は、

 

ただ知らないだけ

 

もしくは、

 

自分にとって
真新しいだけ

 

です。


例えば「ネットが苦手」
という人は生きてきた上で
ネットを触った経験が
すこし少ないだけですし、


スポーツだろうが勉強だろうが


新しい=難しい


と思うわけです。


何ごとも挑戦をするとき、
出来るかどうかの不安や恐怖に
悩まされがちですが、


正直、時間の無駄です。


どれだけ考えても
やったことないのなら自分の中で
判決することは出来ないですし、
悩んでいても意味がありません。


つまり、


あなたがネットビジネスを
初めていく上での判断基準は、

やってみたいかやってみたくないか

 

f:id:netks01:20170223141618j:plain


こういった好奇心や興味でしか
最終的には答えを導き出せないのです。

 

同時に、それだけで十分です。

 

例えばスポーツを始める時も
そうでしたよね?


できる、できない、ではなく
やってみたいかどうかです。


その好奇心を作り出すためにも、


まずは知ってみよう


何も知らないものに興味を抱くのは
難しいし、よくわからないものに
手に出すのもかなりの「恐怖」です。

 

逆に言えば、恐怖や不安を
抱いている人のほとんどが


知ろうとすらしてない

 

という事実があると思います。


まずは情報収集をして
どんなものなのか知ってみること、

 

コレが最も大切です。


僕も初めはそうでした。


人に話を聞いてみたり
ブログで発信してる人の
言葉を参考にしてみたり、
情報をかき集めました。


僕のブログも読み漁ってみてください。


また具体的にどうやって実践していくのかは
LINE友だち限定の「特別講座」にて
発信していきますので、


ぜひそちらも確認してみてくださいね。

 

ではでは、また。

 

 

この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます。

 

nefreeks.hatenablog.com

 

nefreeks.hatenablog.com