FORCE

Work Shift Club

ワーク・シフト部

情報化する社会で世界は不幸になり、二極化していく

カズです。

 

現代人の1日の情報量は
江戸時代の一生分だと言われてます。 

 

僕たちが受け取っている
日常の情報量というのは、

 

人間の処理できる量を
はるかに超えてしまっています。

 

ある研究で2001年から2003年までの
3年間で貯蓄された情報量を調べた所、


人類が30万年かけて貯蓄してきた
すべての情報量を超えてしまったそうです。

 

あなたも日々生活をしてて


情報がありすぎて
何が正しくて

何が間違っているのか


分からなくなる時があると思います。

 

今回はそんな情報社会に生きる
僕らが知っておくべき社会問題や
情報選択の仕方についてです。

 

 

 

 

情報オーバーロード

 

f:id:netks01:20170823115309j:plain

 

先にお伝えしたように
僕たち現代人が情報が多すぎて
必要な情報が埋もれてしまい、


課題を理解したり
意思決定したりすることが
非常に困難になる状態のことを

 

専門的には、
「情報オーバーロード」といいます。

 

中二病の心をくすぐるくらい
名前が無駄にカッコいいので
ただ紹介しただけなのですが、


実際問題、やっかいな現象です。

 

情報はあれば役に立つことも多いですが、

 

逆に多ければ多いほど、
注意が散漫したり集中力の欠如や
時間の浪費に繋がったりします。

 

それによって多くの人が
自信を喪失したり、得たい成果を
達成できずに悩み続けていることは
言わずとも理解できると思います。

  

選択のパラドックスがもたらす問題

 

選択のパラドックス
って
ご存知ですか?

 

これは心理学者の
バリー・シュワルツ氏が
提唱した概念ですが

 

何かと言うと

 

人は選択肢が
多ければ多いほど、

不幸を感じやすくなる
心理効果が働く

 

というのです。

ここでいう選択肢の多さというのは
物資的な豊かさに比例すると思えばOKです。

 

西洋社会の考え方では
自由そのものが善であり、


「個人の自由の最大化」が
人類の繁栄に最も繋がるとされてきました。

 

その根底を覆す理論が
「選択のパラドックス」です。 

 

youtu.be

 

ちなみにシュワルツ氏の結論としては、


適度な不自由が幸せを生む

ということでした。

 

これはその通りだと思います、


物資的な豊かさと幸せは
イコールではありません。

 

世界一幸せな国とされているブータン
日本と比べてはるかに物資的に劣っていますし、

 

お金持ちで孤独な人よりも
お金が少なくて人に恵まれている人の方が
幸福度は、はるかに高いです。

 

と同時に物資的に事足りない人生も
不幸ですから、お金も物資も欲しいし


結局はバランスが大事
ということでしょう。

 

ただ今を生きている以上、


僕らは意識せずとも
膨大な情報と選択肢を迫られます。
(だから不幸な人が多いのですが)

 

かといって何でもかんでも情報を
完全シャットアウトする行為は愚かです。

 

つまり、 

今は情報を選ぶ時代

です。

 

この膨大な情報の渦の中から
自分にとって何が適切で何が不適切なのか
見分ける力が求められているんです。

 

学問のすゝめで有名な福沢諭吉は、
こんな言葉を残しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

賢人と愚人の違いは、
学ぶか学ばないかによって
決まるのである。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

情報が溢れている社会
かつ情報を選ぶ時代において、

この言葉はより一層
確信をついていると感じます。

 

学ぶ意欲のない者は
自分にとって無駄な情報に飲み込まれ、
結果、不幸せになる愚か者。

 

学ぶ意欲のある者は
開示された情報の中から適切なものを
選び続け富や幸せを手に入れていく賢い人。

 

情報が膨大にあるということはある種、


学ぶ環境が非常に整っている社会
という表現もできますからね。

 

その結果、

 

頑張る人は
正しい情報を手に入れ続け
どんどん豊かになっていき、 

 

逆に頑張らない人は
無駄に選択肢だけ増え続け
どんどん不幸になっていく

というわけですね。

  

つまり、これからは
情報が増えれば増えるほどより一層
激しい格差社会になっていくわけです。

 

情報格差=富の格差

 

情報格差は富の格差も
生み出します。

 

例えば、インターネットやパソコン
という端末が個人にも行き渡るようになり、


世界中のあらゆる情報を
得ることができるようになりました。


これによって誰もが
世界中の金儲けの方法を知ることを
可能にしてしまいました。


こういった方法を知った個人が
経済的な勝ち組になれる社会へと
移行するようになっています。

 

僕自身もそのITの流れに
乗っかったわけなので、


インターネットを活用してお金儲けや
ビジネスを展開しているわけですが、

 

こういったケースも「自分の意思」で
お金を稼ぐという気持ちがなければ
たどり着かない現象です。

 

ハッキリ言えば、

 

金持ちと貧乏の差が
極端に開いてくる時代の到来

 

です。

 

バブル期は、
逆ピラミッド型社会で金持ちが多く
貧乏人が少なかった時代です。

 

バブルが弾けてから現代までは
ピラミッド型で金持ちが少なく、
貧乏人が多かった時代です。

 

これからはお金持ちと貧乏人が
二極化していくと言われてます。

 

中間層の消失・一部の経営者
コア社員以外は時間給の社員へ

f:id:netks01:20170823120454j:plain

f:id:netks01:20170823120459j:plain

 

来る日も来る日も次の月に
生活するための資金を稼ぐためだけに働き
消費者としてお金を使い続ける貧乏人と

 

不労収入を獲得し、時間にも人間関係にも
全く縛られないで好き放題にぷらぷらと
いきながら生活するお金持ちの自由人

 

に分かれていきます。

 

さてさて、

 

あなたはどちらの生活を
していきますか?

 

もし選べるのなら
もちろん、後者でしょう。

 

しかし、一般的な人たちは
おそらく「前者の生き方」を
押し付けてくると思います。

 

なぜなら、それしか知らないからです。

 そのうえ人の不幸は蜜の味だからです。

 

「お金持ちの自由人に俺はなる!」


などと何処ぞのルフィみたいに
大声で叫んでみたら、

 

みんな批判してくるかもしれません。
無謀だと怒られるかもしれません。
無理だと決めつけられるかもしれません。

 

そんな状況下でもあなたは
お金持ちの自由人を選べますか?

 

その決断はつまり、


自分自身で
情報を選び取る

ということです。

 

何もせずにただのうのうと生きていても
後者のような生活は訪れません。

 

誰にも強要もされない中、
自分自身で正しい情報を
掴み取りにいく必要があります。

 

貪欲に学ぶ姿勢が必要です。

 

あなたは自分の人生を好きな方向に
選ぶ権利を持っています。


親でも友達でも家族でもなく
あなた自身が持っているのです。

 

あなたの人生において
何が正しくて、何が正しくないのか
適切な情報を自分自身で選んで活用する

 

選択基準は、
あなた自身の心です。

 

あなたが面白いと思ったもの
あなたが正しいと思ったもの
あなたがワクワクするもの

 

そっちがあなたにとっての「正解」です。

 

自分の心に素直になって
自分にとって適切な情報を選ぶ
そして、貪欲に情報を掴み取りにいく


ということを覚えておくと
きっとお役に立つと思います。

 

ではでは、また。