FORCE

WORK SHIFT CLUB

ワークシフト部

王下七武海に入る方法

カズです。

 

この前、ワンピースの
コミックを読み直してて
王下七武海の話が出てたんです。

 

その時の気づきを含めて
アウトプットしたいと思います。

 

無名の個人が”簡単に”
影響力を作る方法でもあるので
ゼロからサイド収入を得たい人や
今後ビジネスを始めたい人は必見です。

  

 

王下七武海とは

世界政府によって
公認された7人の海賊のこと。

 

f:id:nefreeks:20180704204336j:plain

 

認定条件は

「圧倒的な強さを持つこと」

だそうです。

 

要は建前的には
政府の味方になる代わりに、

 

海賊行為を特例で
許してくれる制度のことです。

 

最近は入れ替わりもありますが、

 

世界的なツワモノでなければ
参加資格すら与えられない

 

「ハイレベルコミュニティ」

です。

 

そのため初期の方は
”王下七武海”の単語が出ただけで
テンションだだ上がりするのが
読者の恒例行事でした。笑

 

(今も興奮するトピックですが)

 

で、ワンピースをずっと読んでいる人が
最近の七武海を見ると誰もが一度は
メンバーに違和感を感じるのです。

 

なぜならひとりだけ

 

「お前七武海なんかいw」

 

という印象を持つ面子がいるからです。

 

なぜお前が七武海に!?

 

その人物こそが

道化のバギーです。
 (現在は千両道化のバギー)

 

 

このキャラはコミックの2巻で登場し、
初期のボスキャラとして描かれます。

 

その後も不思議な魅力と
実はスゴすぎる過去を持ったキャラとして
物語に今なお登場し続けいています。

 

魅力はあれど、バギーの戦闘能力は
初期のルフィに勝つこともできないほどで、
そんな男が王下七武海に入った事実は
読者に大きな反響を与えました。

 

なぜバギーが七武海に
加入することができたのか?

 

面白いことにバギーの実力が
跳ね上がったということでもありません。

 

ここに人が瞬時に強力な影響力を
手に入れることができる
裏ワザが隠されています。

 

これはビジネスにおいても
超重要項目なのでお伝えしたいと思います。

 

バギーが七武海に入った理由

 

それは、
「権威性」です。

 

物語の後半になるにつれても
バギー自身の戦闘能力が上がった
描写は一切ありませんでした。

 

その代わりこの
「権威性」という力が
非常に追加されたのです。

 

例えば、

 

(1)

海賊王の船の見習いとして
世界最高の海賊たちと長年
時を共にしていた事実

 

f:id:nefreeks:20180706013441g:plain

 

(2)

兄弟分の赤髪のシャンクスが
現役海賊の世界で4本の指に入る
超大物の人物であった事実

f:id:nefreeks:20180706012844j:plain

 

(3)

インペルダウントと
頂上戦争でそれらの事実が
世界中に知れ渡った「認知度の大きさ」

(白ひげが一時的な
 戦力増加のためですが
 自ら仲間に誘ったという事実)

 

f:id:nefreeks:20180706012924p:plain

 

このような描写によって
陽気な弱っちいキャラクターが一転、


世界有数の
「権威性」を
手に入れました。

 

人はどうしようもなく「権威性」に弱い

 

で、ここで重要なのが

 

人はどうしようもなく権威に弱い

 

ということです。

 

ちなみに日本人は特に権威に
弱い人種だと言われています。

 

バギーが引き連れている
インペルダウントの囚人は、

 

実は当人より戦闘能力が
高い人間ばかりいるのに
誰ひとり立ち向かうことはありません。

 

なぜか?

 

バギーの持つ「権威性」に
ひれ伏しているからです。

 
その結果、彼らは何の疑いも持たず
バギーの傘下に入ることを誓いました。

 

で、この心理効果はビジネスの世界で
よく活用されているテクニックです。

 

例えば、身の回りにある
分かりやすい事例として
有名女優や俳優を採用した
企業のCM戦略があります。

 

あれは商品価値を高めるために
女優や俳優さん(有名人)の
権威性を使っているわけですね。

 

「あの人が使っているなら私も使お〜」

 

という風になるわけです。

 

権威性が所有しているもう1つの特徴

 

で、この心理効果の興味深いところは
ただ人が権威に弱いという側面
だけではありません。

 

それ以上に面白いのは、

 

権威性というのは
乗り移る特質がある

 

ということなのです。

 

ワンピースの例を挙げると
バギー当人がすごいというより

 

・海賊王・白ひげ
・赤髪のシャンクス

 

彼らの権威性が乗り移ったのです。

 

面白いですよね。


少し別の例も
挙げてみましょう。

 

例えば、

「アラブの石油王の息子」

 

と聞いた瞬間、あなたは
どんな印象を持ちますか?

 

・・・

 

なんだかすごい人って思いますよね。

 

しかし、すごいのは石油王の方で
息子は何もすごくないかもしれません。

 

でも僕らは単語を聞いただけで
息子もすごい人だと脳が錯覚します。

 

なぜなら、権威性が
乗り移っているからです。

 

このように権威性は
乗り移る習性があるので

 

・海賊王・白ひげ
・赤髪のシャンクス

 

彼らの権威性があればあなたも
すぐに七武海に入ることができますね 笑

 

権威性を使ったライティングテクニック

 

さてさて、

 

最後にこの権威性をあなたの
情報発信に活用するための
ライティングテクニックを
ひとつご紹介しましょう。

 

今後のサイト運営や
ネットビジネス構築のために
使用してみてください。

 

それは、

 

権威や信頼のある人の言葉や
本に書いてある言葉を引用する

 

という方法です。

 

「ステップ1」

あなたが伝えたいことを決めます。
例)「目標設定」について話そう。

==================

 

「ステップ2」

テーマに関連することを
偉人や本の中の言葉から探してみる。

例)大谷翔平の目標設定シートの作り方

==================

 

「ステップ3」
実際に記事に書いてみる。

例)今日は目標設定についてです。

 

この方法はあの二刀流で有名な
プロ野球大谷翔平選手が
学生時代に使用していた
特別な目標設定法なのです。

 

==================

 

 

みたいな感じです。

 

こうやって記事を書くだけで
ただ目標設定について自分で書くより、

 

圧倒的に
説得力が増します。

 

なぜなら大谷翔平選手の権威性が
あなたの言葉に乗り移るようになるからです。

 

これは実績のない素人や
ビジネス初心者にとっては
非常に強力なテクニックです。

 

基本は本の引用や
ネットで調べる程度の工夫で
できてしまう方法なのですぐに
あなたの文章に活かせると思います。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ではでは。

 

 

 

追伸:突き抜けた親子のやり取り

 

先に例に挙げたアラブの石油王当人と
息子のやり取りが面白すぎるので
シェアしておきます。

 

これを見るとやはり息子は
普通っぽい感じがしますよね 笑

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

親愛なるパパへ

ベルリンはとても素敵なところで、


みんなは良くしてくれるし、
僕はここが気に入っています。 

だけどパパ、僕は学校に
純金のフェラーリ599GTBで
通学するのがちょっと恥ずかしいんだ。

先生やクラスメートは
みんな電車を使っているというのに。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

親愛なる息子へ

今日2000万米ドル(約17億円)を
お前の口座に振り込んでおいたよ。


あまり父さんたちを 困らせないで、
さっさと電車を買いに行ってきなさい。 

愛してるよ 

父より


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー