FORCE

Work Shift Club

ワーク・シフト部

海外ではYoutubeが「新たな稼ぐ仕組み」を公式発表

カズです。

 

現在、YouTube
毎月アクセスするユーザー数は
なんと19億人を超えるそうです。

 

そんな中、YouTube
動画製作者に対してより活躍の場を
与えつつ、自由な行動を促すために
「稼ぐ手段」を新たに提供するそうです。

 

 

f:id:nefreeks:20180623001837p:plain

  

今回はYouTubeが公式発表した
新たな機能が面白かったので
ご紹介したいと思います。

今後日本にも普及するかもしれません。
ぜひチェックしてみてください。

 

 

 

 

YouTuberがお金を稼ぐシステムとは 

 

まず本題に入る前に、


そもそも現在のYouTube
生計を立てている人たちは
どうやってお金を稼いでいるのか?
をおさらいしたいと思います。

 

彼らの主な収入源は、


広告収入でしたね。

 

こちらについては以下の記事にて
詳しく説明しているので知りたい方は
参照してみてください。

 

nefreeks.hatenablog.com

 

日本ですでに開始されている「Super Chat」

 

ちなみにYouTubeは2017年1月12日に
ライブ配信中に視聴者とYouTuberが
交流するための新しい機能

 

「Super Chat」

を公式発表し、すでに日本でも
実施されていることをご存知ですか?

 

有料化サービスが日本に
上陸している事実は知らない人にとっては
かなりの驚きなんじゃないでしょうか。

 

この機能はライブ配信中に視聴者と
動画投稿者交流するための方法で

 

「Super Chat」というものを
購入することで、


流れていく膨大なコメントの中で
自分のメッセージだけを
目立たせることができます。

 

f:id:nefreeks:20180622224054g:plain

 

ちなみにこんな感じで
色や文字数などによって
購入金額が変わるそうです⬇︎

 

f:id:nefreeks:20180623002941p:plain

 

それによってチャットを見ている
動画投稿者が敏感に反応したり
メッセージに声をかけたり
しやすくなるわけです。

 

ファンにとっては嬉しい機能ですね。
知らなかった人は参考にどうぞ。

 

で、ここからはさっそく
今回YouTubeが発表した新機能を
紹介していきたいと思います。

 

新機能その1: 
「Channel Memberships」

 

これは登録者数10万人以上の
チャンネルが対象の機能でいわゆる


月額制の
会員サービスのこと

 

です。

 

「Channel Memberships」を使えば
視聴者から月額会費4.99ドル(約550円)を
集めることができるそうですよ。


また会員に対しては、

 

・会員バッジ

・新しい絵文字

・メンバー専用のフォーラム

 

といった標準機能に加えて、
動画投稿者が独自の特典を
用意することも可能だそうです。

 

ファン化がすでに完了している
YouTuberならこの機能で大きな
経済利益を望めそうですね。

 

有名なアーティストや
優れたビジネスマンたちも
月額制のサービスを提供し、

 

継続的な確たる収入源を
構築できている実例は
珍しくありませんからね。

 

これはYouTuberの継続資金源として
大きな変革を与えそうな機能です。

 

新機能その2:
「Merchandise」

 

youtu.be

 

これは動画投稿者が制作した

 

独自のグッズなどを
販売することができるシステム

 

です。

 

この機能と同時に
注目を浴びているのが、


Teespring

teespring.com

 

という海外のTシャツ販売サイト。

 

このサイトは在庫を抱えずに、
利用料、販売時の送料も無料で
自分がデザインしたイラストや
ロゴを投稿するだけで


スマートフォンケースや
プリントTシャツなどの
オリジナル商品を作成できます。

 

一定の個数を超えた発注がある場合に
商品が生産され、販売が完了するそうです。

 

TeespringがYouTubeと提携したことで、


動画投稿者は
簡単にオリジナル商品を作成し、


チャンネル内で自由に
販売活動を可能にしました。


今のところMerchandiseは
登録者数1万人以上のアメリカ在住の
YouTuberが利用できるとのことです。

 

実際にテスト段階のYouTuberで
6万人以上の視聴者に独自グッズを
販売してわずか18日間で100万ドル
(約1億1000万円)以上を売り上げたそうです。

 

販売システムさえYouTube
作り上げてしまうのはすごいですね。

 

これによって商売感覚のある人は特に
多大な利益を得れるようになるでしょう。

 

 

新機能その3:
「Introducing Premieres」

 

youtu.be

 

これはいわゆる


動画の配信予告機能

 

です。

 

あらかじめアップロードした動画を
チャンネル登録者に通知することで
登録者コミュニティの人たちが


最新の動画を「ライブ感」を持って
共有・視聴できるようにとの
工夫から生まれた機能です。


現代の最新マーケティングにはこの

 

「ライブ感」が
重要視されています。

 

f:id:nefreeks:20180623000825p:plain

 

「発信側」と「受け手側」の一体感や
隔たりのない世界の共有が強いファン化や
ビジネスを作る秘訣になっています。

 

例えば、アイドルなんかもそうですね。

 

最近は握手できたり
会って場を共有したりするのが
当たり前になってるアイドルですが、
コレも「ライブ感」の演出です。

 

ほんの昔までは
テレビの向こう側の人で
いわば異世界の人でしたからね。

 

時代の流れに移行して
戦略を立てたのでしょう。

 

まとめ

 

さてさて、いかがでしたか?

 

今回の公式発表を聞いて、

 

「稼ぎやすい機能が
今後増えるなら俺も

YouTuberになったろー!」

 

と思う人もいるかもしれません。

 

が、

 

現実はそう甘くはありません。

 

今回の新機能から分かるように
素人がいきなり扱えるような
サービス追加などなくてあくまで
今いるトップYouTuberのためのものです。

 

その証拠にどれも
既存のファンがいる状態でなければ
なに一つ機能できないものです。

 

これは今後どんな機能が
追加されても同じ傾向でしょう。

 

時代が経つにつれてドンドン
トップだけを推奨し続けるのが
企業側の考えです。

 

もちろん、ビジネス活動を始め
YouTubeを活用するのは賛成ですが

 

YouTubeだけで生きていくなんて
ほんとうに一握りの人だけですし、


こういったニュースを見ただけで
安易に稼げると思わないことです。

 

素人や初心者はむしろ
別の切り口からビジネスを
組み立てた方が稼ぎやすいと思います。

 

そういった話も別の記事にて
話していきましょうかね。

 

とにもかくにも時代の流れは
確実に進んでいるのが分かる
ニュースでしたね。

 

ではでは、また。