FORCE

iForce

ビジネス・心理・マネタイズ

9割の人が勘違いしている「情報ビジネス」で稼ぐということ。

kazuです。

 

ネットで稼ぐという概念が
一般化されつつあります。

 

実現化できている人は
まだまだ少ないですが、
認知は広まりつつあります。

 

で、数あるネットの
お金稼ぎの中で僕自身が
圧倒的にオススメしている
ジャンルが1つあります。

それは、

情報ビジネス
(情報発信型のビジネス)

 というものです。

 

情報発信ーーーーーーーーーーーーー
SNS・ブログ・メルマガ・LINEなど
日常生活に溢れている媒体を使って
あなたなりの価値観を拡散すること。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今回の記事では
なぜ僕がこのビジネスを
ごり押ししているのかを、
深く話したいと思います。

 

「情報ビジネス??
 何それん〜₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾」

 

という人も
ぜひこのタイミングで
理解しておいてください。

 

お役に立つ話があるはずです。

 

同時に言葉は聞いたことある
というような人も9割方は
情報ビジネスの認識を
酷く勘違いをしています。 

 

・情報ビジネスとは何か?
・なぜ情報ビジネスをすべきか?

 

この記事で解説していきますので
ぜひ参考にしてみてください。

 

 

絶対に失敗しないビジネスモデル

 

f:id:nefreeks:20180315203127j:plain

 

僕が情報ビジネス
(情報発信で稼ぐこと)に
固執している理由は、

ただ1つ。


ノーリスク
ハイリターン
ビジネスだから


です。


僕はリスクが嫌いです、
怖いです、震えます。

 

この意見に共感できるなら
あなたにとっても情報ビジネスは
うってつけだと思います。

 

このバイブルとなる概念を
世に広めてくれた人のひとりは

 

ホリエモンこと
堀江貴文さんです。


彼はIT企業を世に普及させた
先駆者の1人ですが


そんな堀江さんが
2010年日付のアメブロ日記に
「起業してほぼ確実に成功する方法」
というタイトルの記事を書いてます。


その記事がコチラ↓

ameblo.jp


全文を読めば
成功者の情熱度と行動力のレベルを
リアルに知ることが出来ますよ 笑

 

メディアで見てるだけだと
少しおちゃらけた感じもあります。

 

やはり時代の成功者、
仕事の鬼ですね。

 

この頃からすでに情報ビジネス
最強説が世に広まりました。

 

そしてこの定説は今も続いています。

 

なぜならオンライン上でビジネスを
展開しているトップランナーは事実、
情報ビジネスを行っているからです。

 

起業してほぼ確実に成功する方法

 

で、堀江さんの記事にて
サラッと伝えていますが


1利益率の高い商売
2在庫を持たない商売
3定期的に一定額の収入が入ってくる商売
4資本ゼロあるいは小資本で始められる商売


これらの4箇条を満たしたビジネスは
確実に成功しやすいからオススメだよおと
彼自身言っていますね。


これら4つを満たしたビジネス

 

情報ビジネス以外、
あり得ないんですよね。


情報ビジネスとは、
情報を商品としたビジネスのことです。

 

情報を商品にするという思考は
イメージがつきにくい感じがしますが、
実は情報商品は世の中に溢れてますよ。

 

例えば、本・新聞・通信講座
会員制の情報提供サービス etc...

 

これらの商品価値はすべて
「情報」ですよね?

 

情報や知識は価値になるので
自然とお金やビジネスが作れます。

 

インターネット上ではよく


・情報販売(自分の商品を売る)
アフィリエイト(他人の商品を売る)

 

という2種類の単語が
情報ビジネスだと言われてます。


よく使われるので一応、
覚えておいてください。

 

情報ビジネスは
他のビジネスモデルと比べると
奇跡と言っても過言ではないほど

 

メリット満載です。


1つ1つメリットを
解説していきます。


その1:利益率の高い


情報ビジネスは
商品の原価が0円です。

 

情報の仕入れは
図書館でも人づてでも
無料でできるからです。

 

つまり自分で商品作成すれば
利益率が高いどころか、


売上=純利益


です。

 

利益率100%です。

 

商売感覚がある人だと
分かりやすいですが、

 

これって従来のビジネスと
比較したら奇跡です。

 

優良飲食店だったら利益率52%
自動販売機だったら利益率20%

 

とにかく情報ビジネスは利益率が
断トツだということです。

 

その2:在庫を持たない


これはインターネット特有の性質ですね。

 

一般のビジネスだったら
在庫(有形の商品)があって当然です。

 

しかし情報ビジネスは違います。

 

なぜなら商品が基本は
無形(情報・データ)だからです。

 

音声ファイルや電子書籍テキスト、
通信講座 などなど

 

すべてネット上で完結するため
在庫は一切必要ありません。

 

つまり、在庫リスクはありませんし
情報商品を作れば後は一生、
売り続けるだけなわけです。

 

この前、店舗で仲介業をしてる
47歳の経営者さんに仲良くなったのですが、

 

在庫を持たずに
ビジネスできると教えたら
羨ましすぎると嘆いていました。

 

その人は比較的こじんまりと
事業をされてる方ですが、

 

それでも在庫リスクは
1000万くらいあって普通だそうですよ。

 

その3:定期的に一定額の収入が入ってくる商売

 

インターネットビジネスのすごい点は

 

ある程度仕組みを作り上げれば
ほんとうに早い段階で自動的に収入を
発生させることができる点です。

 

つまり家でゴロゴロしてたり
旅行したりする最中でもお金が
勝手に振り込まれるようになる
ということです。

 

魅力的ですよね。


たとえばブログはいい事例です。

 

魅力的な文章さえ書いておけば
一度書いた文章は消えることがないので
毎日のように読者が集まってきますよね。

 

その延長線上で
商品販売のシステムを作り上げれば
自動でセールスが行われ勝手に収入や
報酬が入ってくる仕組み完成です。

 

この仕組み作りは
今後具体的に教えていきますので
よく分からなくてもご安心を。

 

その4:資本ゼロあるいは小資本で始められる商売

 

ノーリスク・ハイリターンの
最も顕著な理由はコレでしょう。

 

あなたが今から
リアルでお店をひらくとしたら

 

資本金で少なくとも
1000万くらいかかります。


しかし、情報ビジネスをする上で
かかる資金といったら


月々のインターネット料金と
レンタルサーバー代くらいです。
(3000円~8000円くらい)

 

もちろん初めは
無料のサービスを使うだけで
お金を稼ぐことだって可能です。

 

つまり資金ゼロの状態からでも
ビジネスを展開できるため、

 

中学生でもニートでも
借金まみれの人でもやってみれば
お金が稼げるチャンスのある世界です。

 

初心者やビジネス素人にとっては
ほんと有り難い話ですよね。

 

ネットのお金稼ぎに興味を持つ人で
投資を始めたり物販をしたりする人もいますが、
すべて先に初期投資や軍資金が必要です。


ノーコストでビジネスを作れるのは
情報ビジネス一択です。


ーーーーーーーーーーー


・・・というわけで情報ビジネスほど
ビジネス素人がうってつけのお金稼ぎは
存在しないと思います。

 

「kazuさん、スゴいのはもう分かったから
 早く情報ビジネスや情報発信の
 具体的なやり方を教えてください!」


と意気込んでくれるのは嬉しいのですが、


ただ闇雲に情報発信をしても
お金は稼ぐことは出来ません。

 

手順を追って話すので
焦らないでくださいね。

 

「情報発信すること」


これをあなたもして
稼いでいくべきなのですが、


例えばブログを作ってただ日記を書いたり
Twitterを使って「今起きたなうw遅刻ww」
みたいなことをつぶやいてもお金は稼げません。

 

稼げる情報発信の仕方とは

 

 ではどうすればお金を稼げるのか?

 

ここを落とし込むためには深く
お金のカラクリやビジネスについて
理解する必要があります。

 

申し訳ありませんが、


さすがにひと言で
言い表せるものではありません。

 

そのため少しずつ
学習していけばOKです。

 
僕のメール講座でも
詳しく解説していますので
以下より参照してみてください。

 

▶︎詳細を確認する

 

のでここからは代わりに
情報発信をしてお金を稼ぐうえで
(ビジネスをしていく)


絶対にしてはいけない
タブーについてお伝えします。

 

最低限このタブーは
避けておいてください。

 
コレだけでも
稼げる情報発信に
グッと近づきます。

 

情報発信の禁忌(タブー)

その1:万人に好かれようとすること


情報発信する前提には、
受け手のことを考える
というプロセスがあります。

 

読者のことや
お客さんのことを考えることは
とても大切なのですが


例えば、情報発信しているうちに
ネガティブな反応をもらったり、


反応を全くもらえなかったりすることが
よくあります。(特に初心者は)


で、基本的にヒトは
周りのことを気にする
生き物ですから

 

少しでも批判を受けると


「あれ、俺悪いことしてるのかな・・」
「全然読者に受けないな・・・」


と自信を無くし始めてしまいます。

 

批判を受けることが好きな人は
この世に1人いません。


だからといって自信を喪失し、


情報発信を辞めたり
主張を曖昧にしたりすれば
ビジネスは絶対に成功しません。


そもそも万人に好かれるなんて
絶対に無理な話です。


なぜなら人は
価値観がそれぞれ違うからです。

ーーーーーーーーーー
Aを好きな人がいれば
Aを嫌いな人もいる。
ーーーーーーーーーー


世の中のあらゆる
芸術品、商品、小説、映画
などなど


ジャンルを飛び越えて
どんなものだろうと


賛否両論あるわけです。


だからまず、
情報発信をするうえで
あなたが持つべきものは


ーーーーーーーーー
嫌われる勇気です
ーーーーーーーーー


そういえば少し前に
こんなタイトルの本が
流行りましたね。


あなたの情報発信で
価値を感じ喜んでくれる人が
ひとりでもいるのなら


例え誰かに批判されようと
嫌われる勇気を持って
発信し続けてください。


別に万人に好かれなくたって
いいのです。


嫌われたっていいんです。


むしろそうやって
賛否両論生まれる方が
魅力は強くなるんです。


ドラゴンクエスト
主人公を思い浮かべてください。

 

f:id:nefreeks:20180222183648j:plain


あのようなゲームは
基本世界平和を求めて
勇者が魔王を倒すお話ですが、


もし世界最強の勇者が、


人間世界は救いたい!!

…けど魔王だって俺みたいに
それなりの立場があるわけだし、


しかも魔界の名誉のために
頑張っているわけだから
人間のエゴで滅ぼすのは
かわいそうだなあ…


え、しかも、俺期待されてるけど
魔界のカリスマ倒したら未来永劫
魔物に狙われるやん…

 

暖かい家庭も平和な日常も
保証される事のない人生を
俺だけ送るって鬼つらたん(´・ω・`)

 

・・・・


これ、どうでしょうか?

 

魅力ガタ落ちです。


頼りがいがありません。
世界を任せたくありません。

 

いいですか?


強い魅力とは、

えこひいきです。


誰かをひいきするような
情報発信の方がパワフルになるし、


あえて敵を作り出した方が
仲間ができるものなのです。


では、そうやって情報発信をしてたら
仮にあなたのもとに酷いクレームが
やってきたとしましょう。


ほとんどの人は
ネガティブな反応に対して
気を落としてしまうと思いますが、


勘違いです。


むしろ喜びましょう。


なぜなら、批判というのは
わざわざ自分の情報発信の悪い点を


他人の視点から
教えてくれているからです。


貴重な情報源です。


自分の悪い点を
わざわざ教えてもらえるなんて
なんと幸運なんでしょうか。


情報発信者にとっては
お金を払っていいくらい
価値があります。


つまり、


クレーム=改善点
ネガティブな反応=進化のヒント


ということです。


このように分析すれば
答えが分かるのですが、


嫌われる覚悟を持って
情報発信することで起こる
デメリットなんて

 

何1つありません。


つまり、万人に好かれる
必要もありません。


情報発信をするうえで
しっかり覚えておいてください。

 

その2:情報を整理しない

 

禁忌(タブー)2つ目は、

「情報を整理しない」
ということです。


情報の整理というと色んな事が
要因になってくるのですが


整理されてない情報ほど
不快なものはありません。

 

最も分かりやすいのは

 

改行・行間。


文章では改行や行間によって
読みやすさが非常に変化します。


メラビアンの法則って
ご存知ですか?

 

人の第一印象は
会ってから3-5秒で決まり、
またその情報のほどんどを
視覚から得ているという考えの事です。

 

メラビアンの法則
初対面の人の認識割合
  ↓ ↓
ーーーーーー
視覚情報55%
聴覚情報38%
言語情報7%
ーーーーーー

 

で、実はこの法則、
文章でも全く同じことが言えるのです。



A
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー




B
ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーー

ーーーーーーーー
ーーーーーーーー



どうでしょうか?

 

AとBなら無意識的に
Bの方に好意を抱くと思います。

 

どんなに良いことを書いていても
改行や行間が雑な文章を
ダラダラ書き続けていると

 

読者は読みづらいですし、
段々とイライラしてきます。

 

読む気がうせて書き手に対して
相手のことを考えてないガサツで
自分勝手な人なんだなあ、という
悪い印象を与えてしまいますよね。

 

改行や行間のルールは
自分で決めてもOKなのですが、

 

ーーーーーーーーーーーー
一行の文字数は
最大15~25文字。

最大4行までを目安に、

2行、3行と読者のために
リズムよく改行をすること
ーーーーーーーーーーーー

 

を僕はオススメします。
(メール戦略も含め)

 

改行や行間の意識をする

 

これだけであなたの文章は
上質な情報発信に生まれ変わるでしょう。

 

シンプルな方法ですが、
めちゃくちゃ重要です。

 

ぜひとも覚えておいてください。

 

情報発信のテクニックについては
まだまだお伝えしたいことがありますが
それはまた追々お話していきましょう。


ではでは、今回はコレくらいで。 

 

Youtuberは儲かるのか?仕組みを分かりやすく解説してみた。

 kazuです。

 
こんな質問を頂きました。

=================

Q:YouTuberって儲かりますか?

毎月の給料だけだと
生活が厳しいので副業として
始めていきたいと思ってます。

YouTubeでお金を稼ぐみたいなのを
よく聞くのでそういうのは素人でも
出来るのでしょうか?

知識がなさすぎるので
ぜひアドバイスを頂きたいです。

=================

Youtuberについての質問は、
いただくことがかなり多いです。

 

今回は、


Youtuberは儲かるのか?

 

という回答を僕なりに
記事にしたいと思います。

 

まずもったぶらずに
結論から申し上げます。

 

儲かりません。

 

詳しく解説します。

 

  

YouTuberによる社会現象 

 

「YouTuber」という単語は
今や誰もがよく聞きます。

 

たった数年で
社会現象になりました。

 

とある学校で行った男子中学生の
将来なりたい職業:第3位は、
「YouTuber」だそうです。

f:id:netks01:20170826183822j:plain

アメリカの調査ではありますが、

 
YouTubeがテレビを超えてしまった」
という統計データのニュースも存在してます。
引用先:Survey: YouTube More Popular Than Live TV

 

これはおそらく
日本も同じでしょう。

 

テレビよりYouTubeを見てる
ということを自覚できる人も
いると思います。

 

またトップユーチューバーは
すごくお金持ち、というイメージも
広まっていると思います。

 

例えば人気ユーチューバーの
ヒカルさんをご存知ですか?

 

彼は2017年の5月に放送された
テレビ番組にて

 

今年の年収はこのままいけば
3~5億円に達すると公表しました。

 

f:id:netks01:20170826184535j:plain

 

僕の知り合いに
有名ではありませんが、

 

20歳でYouTubeだけで月40万
自宅で稼いでいる人もいます。

 

しかし、こういった事実を
知っていてもなお


僕の結論は、YouTuberは儲からない
ということです。

 

その理由を今からお伝えしますが、

 

そもそもなぜYoutuberは収入を得れているのか?

 

という事から考えてみましょう。

 

一言で言うと彼らは、

 

広告収入で収入を得ています。

 

動画を視聴している時に
広告が流れた経験はありますよね?

 

また動画の下に広告があって
別のページに飛んだ経験も
あるでしょうか。

 

簡単にいうとあのような広告を
クリックしたり再生したりするにつき、

 

企業側が広告収入を
わざわざ払ってくれているのです。

 

つまり彼らは芸能人やスポーツ選手が
CMに抜擢されるのと同じで

 

いわゆる「広告塔」です。
マスコットキャラです。

 

そのため毎日面白い動画や
再生回数が伸びそうな動画を
配信して鬼頑張ってるわけですが、

 

彼らの収入の生み出し方は

 

崩壊するのが
目に見えています。

 

企業がYouTubeにお金を払う理由

 

そもそもなぜ企業がYouTube
広告収入を払うのかというと

 

ばらまいた広告から


自社商品を買ってもらうため
なわけですよね。

 

しかし、ご存知かもしれませんが
YouTuberを見てる人たちの多くは

 

「子どもたち」です。

 

当たり前ですが、


いくら子どもに広告を見せても
お金がないので商品は売れません。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
結果、企業側は若年層向けの
商品の紹介しか広告で出来なくなる
    ↓
利益がガクンと下がる。
    ↓
広告に出せるお金が減る。
    ↓
広告収入が減る。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

みたいな循環が生まれるわけです。

 

これは単なる未来予測ではなく
すでに実例としてYouTube内で
巻き起こっている事象なのです。

 

YouTubeによる規制

 

YouTubeは一回の再生回数につき
0.1円の広告収入がありましたが、
今も下がり続けてる
傾向にあります。

 

そして2017年3月、
世界6位の広告代理店である
フランスのHavas(ハバス)は

 

YouTubeから広告を撤退したと
報じられました。

 

それに続いてコカコーラやペプシ
ウォルマート、ディッシュ・ネットワーク
スターバックスGMなどの大手企業も
次々に撤退を発表しました。

 

さらに、その翌月の2017年4月


YouTubeは再生回数1万回を
下回る動画の広告非表示の規制

 

を発表しました。

 

さらにさらに、2018年の2月

 

「登録者数1000人以上」
「過去1年で4000時間の視聴時間」

これら2つの基準を満たすチャンネルでなければ、
広告は付かない仕組みとする。


という基準発表も
公式に行いました。

 

こういった変化によりYouTubeは今、

 

限られたトップの人しか
生き残れない世界へと移行してきています。

 

広告非表示の規制や掲載基準の変化により
少ない再生回数でもそれなりに
副収入を得ていた個人は破綻しました。

 

これは今後さらに増えていき、
YouTuber難民が増加するでしょう。

 

最近だとトップのYouTuberも
このままではマズイと
収入が減ってきたことを危惧し始めて

 

企業と提携したり、テレビに出たり
音楽を出してみたり、

 

別のキャッシュポイントを求め
色々と行動をしているわけです。

 

もし動画を投稿すれば
お金が稼げるんじゃないかと軽く
思っていた人は考えを改めてください。

 

「YouTuber」はめちゃくちゃ大変。

 

映像を見ているだけでは
気づきにくいかもしれませんが、
これが事実です。

 

動画コンテンツを
毎日量産するのは初心者には
到底難しい行為ですし、

 

長期的なことを考えて
YouTuberというビジネスモデルは
未来がありません。

 

これらの要因からも

 

「YouTuber」として
広告収入で生きてくのは
非常に無謀なことだ、

 

というのが僕の見解です。

 

YouTubeの真の活用法

 

そのためYouTuberは
あまり肯定出来ないのですが、

 

YouTubeをビジネスに
活用するのは大賛成です。

 

例えば、1度作り上げた動画コンテンツは
一生無くならないので上質な集客媒体になります。

 

動画1つにつき、自分の分身を
ひとり作れるようなものです。


その分身に集客トークをさせたり、
セールストークをさせたり
授業をさせるのもいいでしょう。

 

使い方は無数にあります。

 

またGoogleさんというのは
ユーザーたちにより良い情報を
提供したいがために

 

質のいいサイトや
オンラインコンテンツを
検索上位に上げてくれる
特質を持っているのですが、

 

その性質から見ても
現代人が検索時に求める
「動画」という媒体を
使わない手はない訳です。

 

つまり、動画という映像媒体は
ツール(道具)として超超優秀。

 

商売活動にも十分
活用できる代物です。

 

結局のところ、YouTuberが
儲からない・安定しない理由は
アクセスをお金にする、という

 

キャッシュ化の部分

 

を他人任せ、企業任せに
しているからです。

 

Youtuberはあくまで一般人。

 

面白いことを素人なりにして
お客やアクセスを集めることは出来ても


それをお金に変える、という部分は
てんで素人です。

 

(だから事務所で雇用されてる)

 

新時代のYouTuberの在り方!?

 

逆に言えばYouTuberが個人で
キャッシュ化することに特化すれば
莫大な収入を誰にも依存せずに
自らの手で作り出すことも可能です。

 

例えば、はじめしゃちょーを
例にしてみましょう。

 

f:id:netks01:20170826223646j:plain


彼が自分で無名動画投稿者に向けて

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
なぜ無名大学生だった僕が5年で
登録者日本一のYouTuberになれたのか
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

的なコンテンツを有料で提供して
具体的なアクションプランや考え方を
シェアすれば簡単にお金は稼げます。

 

コンテンツを1万円にしたとしても
数百万円は一瞬で稼げるでしょう。

 

会社にも、他人にも頼らずに
大金を稼ぐことができます。

 

個人で客集めからキャッシュ化まで
自らの手で作り上げる事ができる
スキルこそが「究極の安定資産」と
言えるでしょう。


お金を稼ぐことが
できることはもちろん、
他のビジネスへの
応用も可能です。

 

YouTubeがどんなに規制を作ろうが
広告収入の再生回数単価が減ろうが
明日YouTubeが無くなろうが、


まったく関係ありません。

 

イデアが湧き出てきます。
時代に左右されません。
何も怖くありません。

 

しかし、これは極論YouTuberに
限った話ではありません。

 

世の中のバイトや雇用形態で
収入を得ている人も同じです。

 

もし明日リストラされてしまったら
ほとんどの人は収入0(ゼロ)。

 

そういう立場だということは
自覚しておいた方がいいと思います。

 

僕の友人でも単なる会社の事情で
解雇された人とかいますからね。

 

ただビジネスを作り上げるスキルを
自らの耳と耳との間に知識として
身につけておけば、

 

この資本主義において
最上級の安定と心の余裕、
なにより自分自身に強い自信を
手にすることが出来ます。

 

少なくとも僕はそうでした。

 

結論

 
結局のところ、
YouTuberをやるにせよ何にせよ
副業だろうが本業だろうが、

 
今以上にお金を稼ぎ、儲けること
収入柱を増やすことを本気で
展開していきたいのなら、


自分自身の
ビジネススキルを
身につける


という点におちつきます。

 

それが地道なようで
収入をあげる一番の近道です。

 
心に刻んておいてください。

  

ではでは、また

 

最後までご覧いただき
ありがとうございました!

 

 

追記:

 

大物YouTuberである
シバターさんが僕とは
少し違う側面からですが(笑
意見を述べてます。

 

彼はいつもリアルな話を
してくれますからね。

 

参考にしたい人はどうぞ。

youtu.be

はてなブログ始めてみます。

 kazuです。

はてなブログ始めてみます。

 

仕事は色々としていますが、
基本はインターネットから
収入を得て生活をしています。


日々の学びや経験を兼ねながら
色々と書いていこうと思います。

これからどうぞよろしくお願いします。